JRの定期券を区間分割して安く購入する

今回はJR定期券を安くする方法として区間を分割して購入する方法を説明します。

定期券を分割とは

簡単に言うとA駅からB駅の定期券を購入している場合、A駅とB駅の間のC駅で分割つまりA駅-C駅とC駅-B駅の2つの定期券を購入する事により安くなることがあります。

なぜ安くなるのか興味がある人は後半で説明します。

具体例として、東京ー千葉間の定期券の場合、東船橋駅で分割する事により安くなります。

たいていの社会人は6ヶ月分の定期券代が会社から支給されると思いますので6ヶ月定期で考えます。

通常東京ー千葉の定期券は91510円です。

一方分割した場合ですが、

・東京ー東船橋  55840円

・東船橋駅ー千葉 31020円

合計86860円です。差額は4650円です。1年で考えると9300円も安くなります。

定期券を分割したからと言っても、東船橋駅で毎回降車する必要はありません。

どの駅で分割すればよいか

上記の例は1例であり、自分の定期券が区間分割する事で安くなるかどうかは以下のサイトで簡単に確認する事が出来ます。

乗車券分割プログラム

サイトの中に操作方法も記載があるので、操作方法に従ってぜひ調べてみてください。

購入方法

購入方法は少し面倒です。JR東日本の場合です。

Suicaを使用している場合は、みどりの窓口で購入する費用があります。定期券購入の申込書に2区間記載して2区間を1枚のSuicaに纏めて欲しいと言えば購入できます。

モバイルSuicaの場合は、サポートセンタに電話して購入する必要があります。

上記は新規購入の場合のみで、継続の場合はSuicaは券売機、モバイルSuicaでは継続購入の操作で良いです。

なお、みどりの窓口で磁気定期券でも購入可能です。実は一昔前まではJR東日本ではICカード(Suica)では区間を分割した定期券に対応しておらず、磁気定期券のみ対応でした。正直JRにとっては損をするだけなのですが、何故対応したのかは不明ですがSuica普及のためにこっそり対応したのでしょうか?

デメリットはあるか

基本的に新規購入時に少し手間であること以外は特にありません。ただし定期券の払い戻しをする時は注意が必要です。というのも2区間を1枚のSuicaや磁気定期券に纏めているだけなので、転勤や勤務地の変更で未使用期間を払い戻す時は2つの区間に対して手数料が必要になります。

なぜ分割すると安くなる可能性があるのか

理由は2点あります。

・一定距離毎に運賃があがる仕組みを利用

・私鉄と競合している区間の料金を安くしている

1つめの理由ですが、JRの定期券は距離の応じて料金を決めているのではなく、一定距離毎に運賃を決めています。下の表は東京の電車特定区間の6ヶ月定期券の距離と定期券の料金の換算表です。

換算表(東京電車特定区間、定期6ヶ月)
営業キロ 定期券料金
~3 18620
4~6 23260
7~10 24810
11~15 31020
16~20 43430
21~25 55840
26~30 66700
31~35 79100
36~40 91510
41~45 102860
46~50 114780

※東京の電車特定区間とは利用者が多い首都圏の一部区間は通常よりも割安な運賃が設定されています。適用範囲についてはこちらを参照。

最初で例に挙げた東京ー千葉間を分割しない場合、距離は39.2Kmなので36~40Kmの料金となります。11~15Kmと21~25Kmの区分で購入するか、16~20Kmの区分で2回購入したほうが安くなります。しかし実際にはちょうど良い距離に分割する駅があるかどうかで変わります。

一般的には定期券の区間が長距離であるほど分割出来る区分が多くなるので、分割して安くなる可能性があります。

2つめの理由は私鉄と競合している区間の料金を安くしており、その区間で分割すると安くなることがあります。

例えば、下記のように東京ー幕張駅間の定期券の場合西船橋駅で分割すると安くなります。

東京ー西船橋間は東京メトロ東西線との競合区間となっており通常の乗車券も安くなっています。なので定期券の代金も安くなります。

このように私鉄との競合区間は首都圏でも複数あり安く設定されている事があります。これを利用して分割する事により安くなります。

今回は2分割の場合を紹介しましたが、理論上より細かく分割する事によりさらに安くなることはあります。ただしSuica1枚で2区間までしか対応していないので、3分割以上はSuica2枚以上になります。もちろん自動改札を通る事は出来ません。毎回降車駅で駅員に処理してもらう事になり不便になるだけです。現実的には2分割が利用しやすいです。

【関連項目】

定期券を1円でも安く購入する方法

JRの運賃を計算してみよう

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)