東北・北陸新幹線は大宮駅を利用したほうがお得

東北・北陸新幹線(山形・上越・秋田新幹線含むが「東北・北陸新幹線」とする)を指定席で利用する場合、東京から乗車(または降車)するのではなく大宮から乗車(または降車)するほうがお得な場合があります。

東京~大宮間は在来線と所要時間が変わらない

なぜ大宮での乗換えを推奨するかと言えば、いろいろと事情があり現在東京~大宮間の新幹線はあまり速度を出せません。この区間は最高速度の引き上げが検討されていますが、仮に速度がアップされても並行する在来線との所要時間はほとんど変わりません。新幹線を利用した場合のメリットは(車内の)の快適性のみです。

大宮駅⇔東京駅間の移動は上野東京ライン開業で大きく利便性が向上しました。開業前は乗り換え無しで移動するには遅い京浜東北線のみしかありませんでした(宇都宮線・高崎線は上野駅止まり)。しかし開業後は宇都宮線・高崎線と東海道線が直通運転をする為、早い列車で乗り換え無しで移動が可能になり大変便利になりました。だったら東京~大宮間は在来線を使用したほうが特急料金がかからず安くなります。

どれぐらい安くなる?

新幹線を利用する区間が短くなるので特急券が安くなります(乗車券はどっちを利用しても料金は変わりません!!)。

差額は乗車する区間によって異なります。主要駅の差額を調べてみました。なお各区間の特急券は「通常時」の指定席料金であり東北新幹線は「はやぶさ」の特急券の料金を記載しました(ただし差額は「はやぶさ」以外利用でも変わりません。また乗車券の料金は含んでいません)。

仙台の場合

差額は210円です。ジュース1本分や安いビール1本分の差額です。

東京~仙台 大宮~仙台 差額
5,260円 5,050円 210円

金沢の場合

仙台の場合と同じく差額は210円です。

東京~金沢 大宮~金沢 差額
6,780円 6,570円 210円

盛岡の場合

差額は540円です。往復すれば1000円以上安くなります。大きな節約になります。

東京~盛岡 大宮~盛岡 差額
6,320円 5,780円 540円

新青森の場合

差額はなんと730円です。往復すれば1460円にもなります。

東京~新青森 大宮~新青森 差額
7,200円 6,470円 730円

どういった人が利用するのが良いか

大宮駅から無理なく利用するにはどういった人が向いているか考えます。

指定席を利用する人

大前提となるのが指定席を利用する事です。自由席を利用して東北・北陸・上越方面に向かう場合は、大宮駅では座れない可能性が高い為、始発である東京駅から乗車する必要があります。

東海道線沿線の人・神奈川方面に用事がある人

メリットが大きいのは東海道線沿線の人や神奈川方面に用事がある人です。もっと言えば東海道線を利用して東京駅を目指す人または東京駅から東海道線を利用する人です。

そもそも東北・北陸新幹線を利用する場合は東京駅で乗り換えている人が多かったと思いますが、上野東京ライン開業後東海道線と宇都宮線・高崎線が直通運転が開始された為、東海道線を利用すれば大宮駅まで乗り換え無しで行けるようになりました。つまり乗換駅を東京駅から大宮駅に変更するだけです。しかも常に混んでいる巨大ターミナル駅である東京駅で乗り換えるよりも大宮駅で乗り換えるほうが便利です。もちろん大宮駅も大きなターミナル駅ではあるので混んでいますが東京駅ほどではありません。

横須賀線利用者も本数は少ないですが湘南新宿ラインを利用すれば大宮駅に向かう事ができるので同じくメリットがあります。

武蔵野線沿線の人・京葉線沿線の人

武蔵野線からは京浜東北線南浦和駅または埼京線武蔵浦和駅乗換えで大宮駅にアクセスできます。武蔵野線沿線からは大宮駅利用がお勧めです。

一方京葉線からも武蔵野線直通列車が運転されているので、京葉線沿線から武蔵野線直通運転の列車を利用して大宮駅に向かう事も出来ます。南浦和駅で乗換えが必要になるので、乗り換え回数が1回増えますが、京葉線の場合東京駅での乗り換えに長距離歩く事を考えれば、乗換えが1回増える事はあまり苦にならないように思われます。

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)